超人気の『Simplicity2』の後継『Cocoon』のデモサイトを兼ねています。   

無料サーバー不具合

先日、思うところ有って、無料サーバーのXFREEとStarServer Freeに登録してみました。
「このサイトは安全ではありません」攻撃は怖いですが、テスト環境の代用で使ってみようかなーなんて。Googleがインデックスしないにチェックして、Google Sitemapsも使わない方針で。

長いこと触ってなかったし、以前のは新サイトへのジャンプ付けちゃってるしで、新規契約しました。どちらのサーバーも名前が変更になってました。
Xdomain無料サーバー:XFREE
ネットオウル:StarServer Free

最初は、XFREEにチャレンジ。
すんなりWordPress 4.9.8もインスト& 5.0.2 へアップ出来ました。

そして、記事を書いてみようと思ったら、、、
プラグインClassic Editorの挙動がおかしい。

 

サーバーのせいかなとも思い、StarServer Freeも導入。
全く同じ結果でした。

プロフィール編集でビジュアルリッチエディターを使用しないにチェックを入れると、テキストモードは普通に使えました。でも、当然ビジュアルモードは無し。

それならば、、、と、ブロックエディターに切り替えてみました。
ビジュアルエディターもコードエディターもサクサク動く。
下図は、ビジュアルエディターを使ってみた例です。
ややこしいですが、水色枠が挿入した画像です^^;

 

WordPress 5.何 からの仕様なのか、画像ドラッグ出来るようになってる!
俄然、ブロックエディターに興味が湧いてきました。

でも、不具合の疑問は残ります。
無料サーバーhttpのせいなのか?macOS Mojaveに対応していないのか?

XFREEとStarServer Freeのサポートにメールしてみました。
StarServer Freeは「無料サーバーのサポートは行っておりません。」と返信。
XFREEも同様の返事だったけれど、「恐らく、無料サーバーだから起こっている現象だと思います。」と。

確かに、https のサイトでは起きてない現象です。
でも、両無料サーバーの Q&A掲示板にもスレッドが無いところを見ると、Mac用のブラウザだけなのかも知れません。Windowsの人が騒いで無いですからね。

ま、ま、ブロックエディターが進化している事を確認出来ただけでも収穫と思う事にしました。

因みに、大昔に使っていたXdomain無料サーバーも同じ状態になっていました。

タイトルとURLをコピーしました