超人気の『Simplicity2』の後継『Cocoon』のデモサイトを兼ねています。   

Classic Editor 削除

今のところ、Cocoonテーマのサイトに限ってですが、随時「プラグイン:Classic Editor」を削除しまくっています。
なぜなら、Cocoon作成者のわいひら先生がすごい勢いで新エディターへの対応をして下さっているからです。
おかげで最近の記事は、ブロック・コードで書いています。

みなさんそれぞれ色々な記事の作成法をお持ちだと思いますが、わたしの方法をご紹介してみます。
いつも、PCのエディター(MacのCotEditor等)で下書きをします。
数字は、画像位置です。水色部分が本文エリアなのでコピーします。

下は編集画面です。ブロック・コードエディターを選択して、下書きのコピーをペーストします。

次にビジュアルエディターに切り替えて作業します。
(1)が最初の画像位置なので選択・反転させて、(2)メディアを追加ボタンをクリックします。(3)メディアを追加の画面になるので、画像を選択(またはアップロード)して画像を挿入します。

ビジュアルエディターなので、挿入した画像も確認出来ますね。

以上の操作で、クラシックエディターとほとんど同じ感覚で記事を作成しています。

タイトルとURLをコピーしました