超人気の『Simplicity2』の後継『Cocoon』のデモサイトを兼ねています。   

reCAPTCHAが消えた?!

どうにかならんもんかとGutenbergをいじっていた時です。(昨日の事です。)
ふと気付くと[更新1]と出てました。プラグイン:Contact Form 7 でした。何の迷いもなく更新しました。
すると!!!
わたしに何の相談も無く(当たり前ですが、、、)『reCAPTCHA』がバージョンv3に変更になっているではあーりませんか。
しかも『Contact Form 7』さんのマニュアルは日本語版が追いついていらっしゃらなく、全部英語。エキサイトのページ丸ごと翻訳コンニャクに入れても反応せず、仕方が無いから数行ずつ翻訳して、何とかv3を追加。(12/17現在、日本語化済み)
「Contact Form 7(お問い合わせ)>インテグレーション>reCAPTCHA」にサイトキーとシークレットキーを追加するも、「お問い合わせ>コンタクトフォーム>フォーム」にはreCAPTCHAボタンすら無く、、、。
v3のキーを入れた段階でサイト全ページの右下に、戻るボタンと被る位置に「reCAPTCHA」マークが表示されていたなんて気付かず、、、『Contact Form 7』のバージョンを元に戻しました。。。
と、ツイートしたところ、何と!!!山形の整体師の山川先生からアドバイスのツイートをいただきました!
と、、、ここまでが昨日の出来事です。

今日、続きをやろうと先生のツイートを見ると、解決策を呟いて下さってましたー。神ーーー。

reCAPTCHA v3がトップへ戻るボタンに被ってしまうときの対処法 | Lognote
reCAPTCHA v3がトップへ戻るボタンに被ってしまうときの対処法を紹介します。
先生のオリジナルCSS
/*===============================
	reCAPTCHA
=================================*/

.grecaptcha-badge {
	bottom: 85px !important;
}

わたしは、Cocoonなので最初60pxにしましたが、55pxに落ち着きました。
子テーマのstyle.cssに追加。

/*===============================
	reCAPTCHA
=================================*/
.grecaptcha-badge {
	bottom: 55px !important;
}

神のつぶやき(山川先生のツイッター)は

翌日も続き、その後もっとナイスな方法を伝授いただきました。
reCAPTCHA v3の表示をお問い合わせページのみにする方法

reCAPTCHA v3の表示をお問い合わせページのみにする方法 | Lognote
reCAPTCHA v3の表示をお問い合わせページのみにする方法を紹介します。

 
やり方は、下記をどうぞ。

reCAPTCHA v3
※WordPress 5.0 仕様の Contact Form 7 では、バージョンが v3 のみに変更になりました。 Contact F...
タイトルとURLをコピーしました