超人気の『Simplicity2』の後継『Cocoon』のデモサイトを兼ねています。   

Cocoon と Gutenberg

Cocoon設定>エディター

他のテーマではまた別の動きをしますが、Cocoon では、プラグイン:Classic Editor 無しで、「Cocoon設定>エディター」で、『Gutenbergエディターを有効にする』のチェックを外すと、旧エディターだけが表示され、有効にするとGutenbergだけが表示されます。

 

新旧を切り替えて使いたい場合

プラグイン:Classic Editor をインストール、有効化して、「Cocoon設定>エディター」で、『Gutenbergエディターを有効にする』にチェックを入れます。
記事一覧(投稿・固定共通)から編集したい記事のブロックエディター(Gutenberg)、またはクラシックエディターをクリックします。
図上はブロックエディターを例にしています。

図下の編集画面でも、右下のツールから新旧を切り替え出来ます。

タイトルとURLをコピーしました